新・冷血 第2話の感想(ネタばれ) サンデー毎日2010年4月25日号

  • 2010.04.25 Sunday
  • 02:37
 さて2002年12月7日。
舞台は冬の池袋。
前回は歯医者の話が出てきましたが、今回は危なそうな人が登場ですな。
戸田吉生という刑務所あがりの人らしいですが、親知らずが痛い、というところが前回の歯医者の話とリンクしているのか…その変がすでに怖い感じが漂っております。
クラークスの靴の話が出てくるのですが、オイルレザーが足にひたひたとくっつくとイってしまうらしいです。危ないでしょこの人・・・。
で、どうやら戸田というひとがどうして東京の街を移動しているかというと「イノウエ」という人間と会うらしいと。まだよくわからないのですが、どうもATM強盗をたくらんでいるようです。
強盗というと黄金を思い出してしまう私ですが、あのどこか人間臭い犯罪者たちの動機とは明らかに違う香りがしますね…。
それにしても変人の描写はいつも素晴らしいと(笑)感じる私です。

新・冷血第1話の感想 サンデー毎日2010年4/18号

  • 2010.04.18 Sunday
  • 02:35

 サンデー毎日2010年4/18号
新・冷血 第1話の感想(ネタばれ)

ついに連載が始まった高村薫の新作「新・冷血」。
サンデー毎日を買うのって結構大変恥ずかしかったりします(笑
テーマはネット犯罪だそうです。
サンデー毎日で連載といえばレディジョーカーですよね。
まだ1話しか読んでいませんが、読む限り、新潮でやっていた太陽を曳く馬よりは初期の作品に近い語り口のような気がしました。

とりあえず舞台は2002年です。よかった合田は40代。
少女の目線ですね。
13歳になろうかという女の子。
親は歯科医。弟がひとり、という設定。
まだ全然どういう筋なのか分からない状態です。
さて、合田が登場するのは一体いつになることやら…。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM