新・冷血 第14話の感想(ネタばれ) サンデー毎日2010年7月25日号

  • 2010.07.25 Sunday
  • 16:37

 12月19日
さて戸田の視点です。

遅い朝、JR赤羽駅東口のマクドナルドです。
井上はスポーツ紙を読み、戸田は珈琲を飲んでいます。
スポーツ紙のニュースは松井の渡米。
ニューヨークで旅客機が墜落したのは去年の秋だった。という回想あり。
太陽を曳く馬ですな…。貴代子はどうなったんでしょか…。う〜ん。。。
赤羽という街を眺めながら、自分の生まれ育った四日市のことを思い出している戸田。
ここで赤羽台とかの描写がでてきて、高村ファンにとってはなかなか感慨深いですな。
で、西が丘は一方で戸建て住宅が立ち並ぶ地区。
団地から脱出して戸建てへ、というのが庶民の夢なわけですな。
で、話が井上が言っていた西が丘の歯医者の話になります。
やっぱりこの歯医者ってのが高梨一家のところでして…うわあ。怖いよ。
さて、マクドナルドをでた二人、コインパーキングでシルビアを出し、て赤羽駅の南端から高架をくぐる、と。
井上は、95年の夏にたまたま自分の女が親知らずを腫らしたときに紹介してもらったのが西が丘の高梨歯科医院だったあそうな。
ここから西が丘の描写になります。
西が丘で高梨歯科医院を発見した二人です。
玄関にシャッターが下りていて、年末年始の休診のお知らせが出ていて、あすから4日間休みっていう張り紙を見つけます。
近所にこの歯医者の自宅があるけど行ってみます?と持ちかける井上。
戸田の心が動いた理由は院長の夫の勤務先が都立豊島病院と聞いたからだそうです。
理由は、歯を悪くした戸田は一度その病院に紹介状を書いてもらったけど、行く前にパクられてしまったそうな。
もしかして転院していたら今頃人並みの歯になって人生変わっていたかもしれないと思っております。
まさにその病院が人生の岐路。。。
(まあ確かに激痛って耐えがたいものがありますがねえ)
午前十時過ぎの住宅街はお上品な暮らしを象徴していて心がざわざわしております。
「高梨亨」の看板を見つけた二人です。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック