8/10夏コミに出ます!(西1ホールや44a)

  • 2013.08.07 Wednesday
  • 23:40
お久しぶりすぎて、本当にすみません。
締め切り前で、へこたれていました。。。コメント等のお返しもままならず・・・・
とほほ。夏コミ終了しましたらひとつづつお返しします。

さて高村薫ジャンルで、夏コミのスペースがいただけましたので、頒布物のご連絡です。
新刊も出します!
8月10日土曜日(1日目)西1ホールや44a 藤咲企画です。


新刊
●真夏の風
☆高村薫FANBOOK7◆加納×合田小説本◆◆◆ 表紙込16ページ200円
「わかるぜ俺も――。いいぞ、もっとイラつけ。もっと暴発しろ。殺せ。俺を殺せ――。」
 本庁を左遷された雄一郎は、刑事としての自分に意義を見いだせずにいた。そんなある日、雄一郎のとある暴走を聴きつけた加納がアパートにやってくるのだが…。  照柿後LJ前の合田と加納の危うい関係を描いた作品。


既刊本ももちろん持っていきます。
在庫が非常に少ない作品もあります(特にFANBOOK1,2)ので、お早めに〜♪


●「First Love」18禁 16ページ200円高村薫FANBOOK6◆黄金を抱いて翔べ・モモ×幸田小説本◆◆◆ モモと幸田の初めての夜本。つかの間の幸せに互いを求めずにいられない二人は、ついに熱い一夜を過ごすことになり…。追われる二人の束の間の幸せに浸ってください。

●「Dreaming」18禁 58ページ500 円
高村薫FANBOOK5◆黄金を抱いて翔べ・幸田総受小説本◆◆◆ 春樹×幸田 モモ×幸田 北川×幸田のシリアス3本立て 巻末に9/17日アジアフォーカス福岡国際映画祭ワールドプレミア試写会での井筒監督舞台あいさつレポートを収録!


●「ある夏の日に」 18禁 44ページ 500 円
高村薫FANBOOK4◆加納×合田小説本◆◆◆「帳尻が合わんのだよ。合田、明日から三日休め」 ――そんな、いきなり休めと言われても。しかもその前日に――上司の命令で突然予定夏休みを取得するはめになった合田。恩師の葬儀に参列するため上京してきたという加納は,強引に合田を求めてくる。加納にほだされながらも,合田は数十年ぶりに過去の自分を思い出し――。   加納と合田のひたすら濃密な夏の一日。合田目線の学生ねつ造話も展開。

●「恋」 46ページ 500 円
高村薫FANNBOOK3◆加納×合田小説本◆◆◆この先、貴代子も合田も……誰一人幸せにすることができないであろう自分など、この吹雪の夜とともに、消滅してしまえばいい――。 才色兼備の新入生加納祐介18歳は,図書館で、同級生合田雄一郎と運命の出会いを果たす。そして二人は厳しい山に挑み続けるのだが・・・。彼らの波乱に満ちた人生はここから始まった。   加納視点による二人の大学生時代ねつ造作ほか,東京大阪の遠距離恋愛に煩悶中の二人の話など2編。

●「うしろ姿は夏夜に溶けゆく」18禁 52ページ500 円 
高村薫FANBOOK2◆加納×幸田小説本◆◆◆「知っているか雄一郎?霊力を持つ鏡は、人の真実を映し出すそうだ――」   年末に水戸に帰省した加納は,亡き母が愛用していた古い鏡台に目を奪われる。そしてその鏡の中に現れたのは、絶対に報われることのない恋に身をやつしていた頃の自分の姿だった。   若き加納祐介の煩悶を描いた作品の他、LJ時代の天敵刑事視点による合田刑事話など3編

●「あなたの背中と花束と」64ページ18禁 500 円
高村薫FANBOOK1◆加納×合田小説本◆◆◆あんたにとって俺は――。  俺は一体何だったのだ。  あんたの選んだ人生に俺はいるのか?    加納の急な転職話を職場で知り驚愕した合田は,複雑な思いで大阪行きの新幹線に乗っていた。加納祐介の人生の一大決心を描いた作品。 このほか,見習いの「僕」が見た美貌の加納検事の話など3編。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック