太陽を曳く馬 読書 その3 (ネタばれ)昔サイトに置いておいたものを緊急避難

  • 2010.03.01 Monday
  • 00:51

 昔読みながら書いていたメモです。サイトに昔アップしていたのですが、とりあえず改装中なので最初の方だけこっちに置いておきます。ネタばれなので。
サイトを綺麗にできたらこのメモの続きもやりたいですが。いつ終わることやら


太陽を曳く馬 第三章 TOKYO POP 2006年12月346〜364頁

★第三章感想★
さて,1998/6/3に逮捕された秋道の取り調べの回想シーンが続いております。臨場感があふれているので、こちらも一緒に聴取をしているような気持ちに陥ること請け合い。つい本編はすでに公判に持ち込まれている2001年だということを忘れそうになってしまいます。
さて1998年6月3日、なんとか秋道を送致までこぎつけようとしている武蔵野署の48時間(送致は48時間以内にしないと違法になってしまいます)です。夜、そこに52歳の寺の副住職をやっている秋道の父、彰之がやってきて合田と1987年以来の対面です。
彰之と言えば、当然春子や新リア王の登場人物。もう一度読み返さないとだめですね。

さて、秋道関連で現れる人がみ〜んなアートな人ばっかりで,取り調べしつつ完全に当惑している合田。ぶっとびまくっている供述に呆然としている合田が非常に非常におもしろいです。
それにしても荒井久美子の供述というか演説(?)の長さとぶっ飛び具合といったら!!よくこれだけ合田みたいな刑事の前でつらつらと芸術論ができるわね〜。合田の目,まったくもって点になってそうです。
荒井には「公務員にする話じゃない」と言われ,坂東には「警部さんに言っても無理か」などと言われ,20歳の牧野には「おじさん」と言われ。散々な合田雄一郎。昔だったら一発で血が上ってぶんなぐっていたでしょうに。このあたりは余裕の42歳?

合田は今回殺された「大野」という秋道の同棲相手ががどんな女性だったのかについて聴取しているわけですが,吉田戦車に出てくるマチ子さんの一発芸(?)をやるようなぶっとび娘だといういことは分かっていても,人間としての大野の姿が明確に浮かび上がってこないみたいで,合田はまた苦悩中です。
そういえば,男の坂東に「カッコイイ」と言わしめる合田雄一郎。ふふ,42にして精かんなマスクは衰えず,ですか。よかったよかった。
そういや若いころの合田の低血圧どうなったんでしょうか?バイオリンは?ウィスキーは?う〜んまだまだナゾだらけ。

二章もそうだったんですが,バーミリオンという色が出てきたり,絵がテーマになっているだけあって,色が沢山出てきますね。照柿のときもそうだったけど,この作品もどこか赤っぽいイメージがあります。
単行本になったときの表紙が楽しみ。
そして秋道の描いた太陽を曳く馬がキイワードとなってちらちら見え隠れ。
さて,次は秋道の送検後の話かな。
う〜ん,秋道の供述の危うさに,その精神について疑問を抱きつつも,容赦のない情状意見を書いて無理矢理送検してしまう合田雄一郎。やっぱりどっか壊れてるな。

 

続きを読む >>

太陽を曳く馬 読書 その2 (ネタばれ)昔サイトに置いておいたものを緊急避難

  • 2010.03.01 Monday
  • 00:49

 昔読みながら書いていたメモです。サイトに昔アップしていたのですが、とりあえず改装中なので最初の方だけこっちに置いておきます。ネタばれなので。
サイトを綺麗にできたらこのメモの続きもやりたいですが。いつ終わることやら

太陽を曳く馬 第2章ダダ 新潮2006年11月号350〜365頁

★第2章感想★
合田警部の捜査中の姿が久しぶりに見られて嬉しい!と思いきや,いきなりカエル…カエルって…。相変わらず忙しそうだけどどこか陰鬱な合田雄一郎42歳。お偉方の名前が結構でてくるのはやっぱり合田が中間管理職になったという証拠ですな。書類に埋もれる生活みたいですな。どこか暴発しそうになりながらも思考停止をしてなんとか切り抜けている大人な雄一郎。いつか爆発しないか,結構危ういですな。
部下の吉岡巡査部長は31歳。マークスのときの合田とはえらい違いです。光ディスクのような頭脳を持っているこの吉岡を合田はどこか不思議そうに見てるけど,それでも使えるやつだとは思っているようです。吉岡に気負いなく話し掛けられて当惑している合田がなんとなく可愛らしい。
 
で98年の秋道事件についての回想に入るわけですが。
なんといってもオッたまげた吉田戦車!!ゆうびーん。とか斉藤さんとか,そういう言葉が高村薫の本に出てくるなんて。そして吉田戦車とツァラの取り合わせが理解できない合田の当惑っぷりがおかしくておかしくて。冷や汗まで流していますぜ。しかもその後加納と会ったときにしっかり話して聞かせているし。相当衝撃だったのだな。
加納については少しずつ記述が増えてきましたが,いまいち任官時期が分からないんですよね。98年秋に合田と話をしたときは,まだ検事だったようだし。それから半年くらいで裁判官に任官しているみたいですが,検事を辞めたのは98年内のようで,少しブランクが発生します。その間,加納は何をしていたんだろう?とか。おいおい出てくるのかしら。

加納が合田から吉田戦車の話を聞いたときの切り替えしっぷりが,今までになく凄みがあって,私冷や汗でした。ノーパンしゃぶしゃぶとかの取り調べをやってたらしい加納,相当検察に嫌気がさしてたみたいですな。LJのときも嫌がってたけど,そのときは合田は無理矢理接待ゴルフに行かせたんだっけ。しかし,この加納のセリフを聞いたとき,合田はどう思ったんだろう。本当の世界を見せてやろうか―。なんだか恐いです,加納祐介。昔は加納のセリフってもっと高尚だった気がするんですが。こんなセリフを言わしめた検察の世界って一体…。しかし裁判官になったとしてもそう世界は変わらないしなあ。どろどろとした捜査から一歩距離を置いて,学術的に考えられるという点では加納に向いているのかしらん。相当精神的に参っちゃったのかなあ。

今まではどちらかというとこの世界に絶望し,自分にも絶望していたのは合田のほうだったような気がするんですが,太陽を曳く馬では加納のほうが厭世的。合田にも黙ったまま裁判官になってしまう加納祐介。さぞ合田には晴天の霹靂だったに違いない。
 加納が検察の情報をまわりくどくリーク→合田がネタを追う→合田自暴自棄→加納助け船…的な構図が崩れてしまったわけです。なんだかんだいっても検察に加納がいることは合田にとっては心強いものがあったと思うし。今後はこういうつながりもなくなってしまうと。
暴走しまくりだった合田もようやく少し落ち着いたことだし,18年間忍耐してようやく心も通い合った(のか?)し,俺は40前にそろそろこころ穏やかになりてえよ…。てな具合の加納だったのかしら。
おや?ちょっと余裕?
合田はしょんぼりしてそうだけど。
だけど,義兄…一歩踏み出したのはいいけど,9.11…。
ここまで絆が切れてしまって,大丈夫??義兄……。
なんとか繋がっていてほしい。
それにしても弁護士にならずに,裁判官を選ぶあたり加納だよな。私としては裁判官10年くらいやったら大学教授とかになってほしいけどな。

さて合田はすでに警部ということで,調書調書の生活。それにしても相当ペーパーの世界には嫌気がさしているようです。やっぱり実際に足を動かして本人に会ってというのが合田の性に合っているようです。
管理官やら一課長やら昔は権力者として描かれていた人物達と合田が会議をする立場になって,意見を求められているのは不思議な感じ。それでも官僚やお偉方の考え方にはどうしてもついていけないと思っている中間管理職,合田雄一郎警部。

 

 

続きを読む >>

太陽を曳く馬 読書 その1 (ネタばれ)昔サイトに置いておいたものを緊急避難)

  • 2010.02.28 Sunday
  • 00:48

 ★第一章の感想★
いきなり告訴状からはじめてくれるあたり、流石女王。
緻密な記載に、あなた、弁護士になれますよと思いましたよ。
合田雄一郎という文字を見るまで何年待ったことか……。
空がある、という印象的な言葉。確かに9.11のとき、なんとなく空を見上げてしまった記憶があります。
久しぶりの合田雄一郎は42歳。LJで警部に昇進して、さてどうしているんだろうと思っていましたが、2001年は警視庁捜査一課特4係とやらで係長として働いているようです。スニーカーは愛用中なようで何より。
そしてなんとも驚くべきことに加納祐介は転職しておりました!!!!ひょ〜〜。
これは予想していなかったです。検察に嫌気をもよおして泣いていた加納。彼はとうとう検察を抜け出して、正義に一歩近づいたというところでしょうか。そして合田はあれだけ辞めたがっていた警察にまだ、おります。
加納祐介はどうやら大阪あたりの地裁かその辺にいるみたいです。
めっきり関西弁を話さない合田雄一郎。是非大阪にいって関西弁をしゃべって欲しい。
年齢を重ねたということなのか、合田の言葉遣いがかなりまろやかになっているような気がします。もっと前は鋭かったような。そして部下を「君」と呼ぶ。ありえな〜い。

で、大きなテーマのひとつであろう9.11。
まさかまさか、喜代子の事態にまたぶっ飛びました。
これでまた加納と合田の関係も微妙になったような……。
離婚によって切れた縁を必死(?)つないできた加納祐介。今度は妹の存在自体がなくなってしまい(涙)。でも二人には魂の中で繋がっていてほしいと思うのです。
それにしても合田は空を見上げてはぼんやりしているし(二ヶ月しか経っていないから当たり前かもしれんが)大丈夫か?また壊れるんじゃないの?とか心配してみる。

彰之との対面も凄いですね。晴子、リア王をもう一度読み返さなくては。
伏線の張り方が四冊(彰之のほうね)あるってどういうこと!!凄くないですか!?
禅寺と、形ばかりの(←合田曰く)カトリック教徒の合田、さあどうなる!

 

 

 

<
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM